邑楽町・明和町・千代田町・大泉町・板倉町で弁護士をお探しの方へ

邑楽町・明和町・千代田町・大泉町・板倉町方面からのアクセス

①車でお越しの方
122号線沿いにある事務所なので、基本的には122号線沿いに東進してください。
354号線を進行される方は、小桑原交差点(牛角、文真堂書店がある交差点です)で北に右左折ください。
1.5km直進すると館林厚生病院を過ぎて陸橋が見えます。
陸橋を北側に降りた左手に、エネオスというガソリンスタンドが見えます。
同ガソリンスタンドの南隣にあるガラス張のビルの2階に弊所が入っております。
駐車場がビルの裏手にございますので、正面から入って弊所の看板のある駐車スペースに駐車ください。

②電車でお越しの方
東武小泉線又は東武伊勢崎線の館林駅で下車します。
館林駅の西口から、西側にまっすぐ進んでいただき、122号線と交差したら右折(北側)して陸橋を登って降りてください。
陸橋を降りて100メートルほど進んだ左手に見えるビルに弊所があります。
館林駅から徒歩15分です。
※途中で陸橋がありますので、タクシーのご利用をお勧めいたします。

邑楽町・明和町・千代田町・大泉町の弁護士の状況

明和町・千代田町・板倉町には2021年現在、弁護士事務所はないようです。邑楽町は1名、大泉町は2名の弁護士が所在しています。
これらの邑楽郡では合計で人口が10万人を超え、一般民事事件の割合が多いように思われます。特徴的には外国人の方の事件も少なくありません。そのため、東京とは異なり、特殊な分野に特化した弁護士は少ない傾向にあるかと思います。

邑楽町・明和町・千代田町・大泉町・板倉町を管轄する裁判所は、館林簡易裁判所、前橋地方・家庭裁判所太田支部になります。
そのため、事件の種類によりますが、館林簡裁又は太田の裁判所の利用が多い傾向にあります。
弊所では、周辺裁判所にいずれも対応しておりますので、ご安心してご相談いただけます。
実際に、邑楽郡にお住いの方からたくさんの方にご相談いただいております。

邑楽町・明和町・千代田町・大泉町・板倉町いずれの区域からも、弊所までは車で約15~25分、国道122号線沿いに立地しておりますので、特にアクセスのしやすい弁護士事務所です。電車でお越しになる方も小泉線を利用して館林駅までアクセスできますので、車がない方でもご利用できます。
また、弊所では遅い時間まで対応しておりますので、ご依頼いただいた後も、弁護士との打ち合わせには利用しやすい環境となっております。