<相続手続・遺留分減殺請求等の交渉依頼>
 窓口対応 パッケージ有・複数プラン有

弁護士が遺産分割協議、遺留分請求、遺産分協議書の作成などを行い、相続手続を進めていく依頼になります。

複雑な相続手続について、専門家に依頼して、きれいに清算していくことが大切です。

 

Order 決済方法 現金又は銀行振込   


        o f f e r         

 

 手数料 50万円  

 ・弁護士が相続人調査、財産調査、遺産分割協議書作成、簡易な相続登記まで行います。
・分割内容に争いがあるケースでは利用できません。
・特殊なケース(複数相続が発生している、相続人の数が多数人にのぼる、相続財産が膨大な数にのぼる)では、利用できないことがあります。
・実費(郵便・交通費等の経費)は別になります。

 着手金 50万円  

 報酬金
獲得相続財産に対して
300万円未満
→16%
300万円以上
3000万円未満
→10%+18万円
3000万円以上
3億円未満
→6%+138万円
3億円を超える
→4%+738万円
 

 ・弁護士が相続人の方の代理人として遺産分割調停などの遺産分割手続を進めていきます。
・ケースによっては利用できないこともございますので、詳しくはお問い合わせください。
・実費(郵便・交通費等の経費)は別になります。 


どちらのケース?各プランの特徴

■遺産分割協議はスムーズにいきそうだが、手続がわからないというケース

遺産分割をしたいけど、遺産分割協議書の作り方がわからない、相続人の調査の仕方がわからない、という方向けのプランがPLAN Aになります。できるだけ手続にかかる費用を明確にして利用し易いプランにしてあります。遺産分割といっても、分割自体は争いがなく、手続が主なケースから、そもそも分割協議自体が紛糾して長期の時間を要するケースまで様々です。そのため、手続が主なケースではできるだけ費用を抑えて利用しやすい形にしたのがPLAN Aとなります。

■相続人間で遺産分割の内容自体に争いがあるケース

故人の介護をしていた、生前に故人から贈与を受けていた・・・など、遺産分割協議自体に争いがあるケースでは、PLAN Bとなります。遺産分割調停などを通じて、弁護士が主張を整理し、解決に向けて進めていきます。