<離婚の成立と親権・財産分与等の交渉依頼>
 窓口対応 調停・訴訟プラン有

弁護士が窓口となり、配偶者と離婚成立に向けて、親権、養育費、財産分与、慰謝料等の条件を取り決めていく依頼になります。

離婚という精神的な負担が大きく、将来の人生を左右する大事な手続について、弁護士の強力なサポートを得ることができます。

 

Order 決済方法 現金又は銀行振込   


        o f f e r         

 

 着手金 40万円  

 報酬金 40万円 

基本交渉と離婚調停を行うプランになります。
・弁護士が代理人として調停に出席します。
・面接交渉の調停を別に申立てる場合は、別途費用を、要します
・調停から訴訟に移行する場合はPLANBに準じます。
※着手金の差額が追加で要します。
・実費(郵便・交通費等の経費)は別になります。

 着手金 50万円  

 報酬金 50万円 

弁護士が離婚訴訟の対応を行います。
・第1審の裁判費用になります。
・被告のケースでは、反訴(相手を訴え返す)手続についても、本プランに含まれています。
・親権、慰謝料、財産分与を含みます。
・実費(郵便・交通費等の経費)は別になります。


プランの選び方

■ひとりで離婚の話合いは不安。調停委員にもうまく説明できないかも・・・という方

難しい法律の話はわからない、口下手なのでうまく話せるかわからなくて不安という方は、PLANAがおすすめ。 弁護士が調停に出席し、財産分与や離婚の法律論点について専門的なサポートを行います。 離婚訴訟を現実的に見据えることができるという意味でも、離婚の話合いを有利に進めることができます。 また、平日にどうしても仕事を休めない方にもおすすめのプランです。

■調停で話し合ったけど不調に終わった。でも、どうしても離婚したいという方。

すでに調停を自分でされていて、離婚訴訟をされたい方は、PLANBがおすすめです。 訴訟となると、書面で整理した形で主張が必要になります。膨大な時間を要し、出廷の負担もあります。 弁護士が訴訟対応を行うので、負担が取り除かれ、専門的な法律上の主張が可能になります。 出るトコに出て、きちんと結論をつけたい方におすすめです。