アトリエ事務所だからこそ、できるコト。

法律サービスの利用を日常生活の一部に
心地よく法律事務所を利用できるように
私たちは安心して豊かな生活が送れる社会の実現を目指しています。
※以下の内容は平成30年2月以降のものになります。

 color 01         北欧スタイルの空間で心地よい相談を


 法律相談は、相談者の方にとって的確なアドバイスをする必要があるだけではなく、相談者の方の心に溜めていた想いをはき出して、すっきりと帰っていただく心のケアも大事です。 そのためには、相談しやすい環境を整えることがとても大切です。
 弊所では、足を運びたくなるようなアトリエらしい温かみのある空間づくりをしています。ミッドセンチュリーの家具を含めた北欧スタイルをベースとしながら現代のデザインプロダクトを組み合わせて従来の法律事務所からの転換を図っています。 お気に入りのようなカフェに通えたら、重かった足取りも、軽くなりませんか。 事件をご依頼いただいた場合、何度も打ち合わせのためにご来所いただくこともあります。そのため、何度も通うこととになる法律事務所の相談空間は居心地の良いものである必要があります。
※なお、弊所では飲食は提供はしておりませんので、あらかじめご了承ください。


 office view


   その他の写真はこちら   



 color 02      3Wayでのシーンに合わせた打ち合わせを


弊所でのミーティングスペースは3通り用意しています。
①スタンダートミーティングエリア、②カジュアルミーテイングエリア、③ソファエリア、と相談シーンに分けた利用ができます。
例えば、緊張しがちな初めての相談はゆったりとくつろげるソファエリア、友達と一緒に気軽に相談できるカフェ形式のカジュアルエリア、綿密な打ち合わせ時は集中できる個室のスタンダードミーティングエリア、という風に様々な利用ができます。
ソファエリアは半個室空間、カジュアルミーティングエリアはオープン空間ですが、同時に他のお客様と相談を並行することはなく、スタッフの執務ルームは別室ですのでプライバシーは守られます。
シーンに合わせて相談空間を変化させることで、より実効的な打ち合わせや解決を図ることができます。

 3Way area

 color 03      大型タッチ画面で相談を視覚的に変えていく


法律相談は、難解なことがらをできるだけ、わかりやすくかみ砕いて口頭で行うのが通常です。
もっと視覚的に相談や打ち合わせが進んだら、すっと心に落ちてこないでしょうか。
弊所では、場面に応じて、手やペンなどでタッチすることができる大型画面デバイスを利用して、打ち合わせを実効的なものにしています。
たとえば、離婚事件であれば養育費算定表を拡大し、収入が交差する地点をチェックし、交通事故事件であれば、事故現場の衝突地点や経路を画面上のマップにペンで指し示して、よりわかりやすく視覚化するようにしています。
また、ホワイトボード機能も備えていますので、同時に事件の解決方法を考えながら、最適解を探していくこともできます。

井野口通隆 surface


 color 04      弁護士と「職人」スタッフがチームでサポート


弊所では、事件処理を進めていく中で、弁護士がスタッフとチームを組んで議論を重ねて最適な解決策を探しています。
そのため、ご依頼者様の事件を進めていくにあたり、弁護士だけではなく、スタッフも含めて迅速かつ充実したサポートができる体制を整えています。
スタッフは、裁判例調査、証拠収集等の裁判サポートだけでなく、各種申請手続も援助しておりますので、きめ細やかな対応が可能になっています。また、弁護士に気後れして話しにくいという方でも、パラリーガルなどのスタッフなら気軽に話せるという点で、よりご依頼者様の希望を汲みとることや心のケアが可能になっています。
より機動的で実効力のある事件サポートが可能なところに弊所の特徴があります。
これまでにもスタッフのサポートにより、数千万円が回収可能になるなど、事件の結果に大きな影響を与えたケースもありました。
「アトリエ」の職人たるプロスタッフがあなたの人生がより良い方向に進むよう、真剣に考え、支えていきます。



   相談してみる