個人再生手続の流れを知ろう


個人再生は少しわかりにくいのですが、次のステップのとおり手続が進んでいきます。

STEP1 弁護士に相談・依頼する
      まず、弁護士に相談し、個人再生手続を依頼します。
      依頼にあたり、委任契約書、委任状を作成することになります。

STEP2 弁護士が受任通知を発送する
      依頼を受けたら弁護士が、債務整理の受任を受けたことを債権者に通知します。
      受任の通知がされると、取立てが止まります。

STEP3 個人再生申立書類の準備・個人再生の申立て
      個人再生を申立てするために、書類を集める必要があります。
      全ての預貯金通帳、保険証券、車検証、給与明細、住民票などです。
      また、家計収支も作成する必要があります。
      書類がそろったら、裁判所に個人再生手続を申立てしていきます。

STEP4 個人再生開始決定・個人再生委員と面談
      個人再生の開始決定が裁判所から出たら、個人再生委員と面談を行います。
      そして「履行テスト」といって毎月、委員の指定する口座に一定額を振り込みを行います。
      予定している返済額が実際に支払えるか、確認するテストです。
      一般的には6カ月程度、履行テストを行います。
      減額した債務額を原則として3年で返済する場合の金額です。

STEP5 再生計画案の提出と再生計画案の認可
      弁護士が具体的な再生計画案(弁済をしていく計画書です)を裁判所に提出します。
      再生計画案が認可されたら、減額した計画案に従って返済をしていくことになります。


個人再生手続の所要期間