過払金請求とは


テレビCMやラジオCMで「過払金」という言葉を聞いたことあるかと思います。
過払金というのは、かつて消費者金融が違法な金利で貸し付けていたため、借り手が多く支払いすぎてしまったお金のことです。
これまでカードローンやキャッシングなどで、長年に渡って返済を続けていませんか。
改正された貸金業法が施行される2010年以前に借り入れを始めた方は、多く支払いすぎてしまっているかもしれません。
アイフル、アコム、プロミス、CFJなどから借り入れしていた方、すでに完済されている方でも返金を求められる可能性があります。


過払金は時効に注意


過払金は、最後の取引から10年経つと時効により取り返せなくなります。
また、それまでの取引の途中で間隔が空いているケースなどでは、最後の取引より早く時効にかかる可能性があります。
請求するのであれば、早めに請求をかけたほうがよいのです。

 

どれくらい戻ってくる?


過払金がどれくらい戻ってくるかは、返済の額や期間、利息の状況によりますので個別に異なります。
ただ、過払が発生する状況で10年程度取引をされていた方のケースでは、数十万円から数百万円も返金されたケースがあります。
それまで返済を続けていた方が、電話で相談する勇気を出しただけで、返済がゼロになり生活再建のための資金も手に入れる方も少なくありません。
法律上の論点が争いになることがあるため、ご自身で交渉されるよりも、専門家に相談して依頼したほうが安心できます。
 

過払金請求のダンドリ


弁護士に依頼するときは、まず、委任契約書と委任状を作成します。
その上で、弁護士から消費者金融に受任通知とともに取引履歴の開示を求めます。
その後、消費者金融から取引履歴開示されたら、過払金が発生しているか利息計算を行います。
そして過払金が発生している場合は、消費者金融と返金交渉又は訴訟により解決していく流れになります。