不倫の慰謝料請求の方法


配偶者が不倫をしていることを知ってしまった場合、どんな解決方法があるでしょうか。
方法としては、配偶者に対して慰謝料請求をする方法、配偶者と不倫した相手に慰謝料請求する方法があります。
そして、慰謝料請求の方法としては、一般的には内容証明郵便などでまずは請求します。
その上で、相手方が支払いに応じない場合は、訴訟などの手続に進む必要があります。

ただ、例外的にメールなどで直接相手方に請求するケースもあります。
これは不倫の相手方の状況などをふまえて、もっとも効果的な方法を選択するためです。




不貞の証拠を押さえることが大切に

配偶者が不倫をした場合、やはり証拠を確保することが大切です。
一般的に、不貞行為とは性的な関係をいいます。そのため、性的な関係を結んでいたことを立証できるだけの証拠を集める必要があります。
たとえば、配偶者のメールやLINEなどで性的な関係を前提としたやり取りをしている証拠や、ラブホテルなどの出入りに関する証拠などが典型例になります。
配偶者の不貞を知った場合、つい、頭に血がのぼり、問い詰めてしまいがちですが、証拠確保という観点からは焦らないほうがよいケースが多いです。
むしろ、配偶者を泳がせて、追加の証拠を取得し、言い逃れができないようにすることも大切です。
相談される方で黒に近いグレーな証拠を持っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますが、決定的な証拠がないケースは少なくありません。
どのような証拠を集めたらよいか、現在の証拠で足りるのか、悩んでいる方は弁護士に相談してみてください。



違法な行為には注意

配偶者が不貞をしていることを知って、感情的にならないほうが難しいのですが、行き過ぎた行動をとるのはNGです。
たとえば、不倫相手の職場に電話をかけて不倫の事実を告げたり、車にGPSをつけ監視カメラで四六時中監視するなど、行き過ぎた行動を取る場合、プライバシー侵害の問題が出てきます。また、配偶者に怒鳴り続ける、周りに言いふらしするなどの行動をとるのもよくありません。
かえって、相手方から慰謝料請求をされるリスクもあるので、過剰な行動は控える必要があります。