自動車事故では後遺障害を評価する手続がある


治療を続けても症状が改善せずに、残ってしまうことがあります。
例えば、むち打ちの症状が、いくら治療しても改善しないような場合です。
これを後遺障害といい、これに対する補償が別にされることになります。

自動車事故では、残ってしまった後遺障害を等級に分けて評価する手続があります。
具体的には、自賠責保険料率算出機構というところで、1級から14級までの等級に分けて認定をします。もっとも、非該当といって、等級として評価されないこともあります。



後遺障害で大きく変わる補償額


後遺障害で等級に該当することになれば、逸失利益と後遺障害慰謝料という名目での補償がされることになります。

逸失利益とは、後遺障害が残ってしまったことで働く力が失われてしまったことに対する補償をいいます。
後遺障害慰謝料とは、後遺障害が残存してしまったことに対する慰謝料です。等級によって金額が変わってきます。

(逸失利益の例)
逸失利益では、事故前の年収を基礎として、等級に応じて労働能力喪失率と労働能力喪失期間を掛けて算定されます。
個別の事情にはよりますが、むち打ち症(14級)などでは、一般的に労働能力喪失率5%、労働能力喪失期間5年程度に算定する傾向にあります。

そのため、年収300万円の場合は

300万円×0.05×4.3295(5年間のライプニッツ係数)=64万8750円

といったところが目安になります。

(後遺障害慰謝料の例)
後遺障害慰謝料は後遺障害等級で補償額が変わってきます。
たとえば、裁判基準では14級で110万円、12級で290万円といったところが目安になってきます。
これは、通院慰謝料とは別に補償されることになります。


後遺障害を正当に評価してもらうには?


後遺障害の等級認定を受けるためには、自賠責保険に後遺障害等級認定の手続をしなければなりません。
この手続の方法は二通りあります。
自分で書類を揃えて提出する被害者請求という手続と、相手方保険会社に手続をしてもらう事前認定という手続があります。

事前認定は、相手方保険会社が手続を代行してくれるので非常に簡単なのですが、形式的な手続だけで、特別なサポートはしてくれません。
等級が認定されると補償額が増えるので、積極的に等級が認定されるようにはしてくれないのです。
また、場合によっては保険会社の顧問医の消極的な意見書を付して、等級が認められないようにすることがあるという話も聞きます。

そのため、正当に評価されるためには、面倒でも、自分で書類を揃えて手続する被害者請求の手続をおすすめします。
そして、この際に、自らの症状を積極的に説明して評価してもらう必要があります。
症状の説明の仕方、必要な検査、後遺障害診断書作成のポイントなど、弁護士からアドバイスを受けて手続を進めていくことが大事です。