保険会社の提示額は妥当なの?しっかりと正当な補償額をもらうには


保険会社から提示された示談金額、これが低いのか、妥当なのか、よくわからないですよね。
面倒だから、いいやってハンコを押そうとしていませんか。
その提示額、一般的には正当な補償額よりもかなり低いことが非常に多いのです。
保険会社からの示談金の提示額は、あくまで保険会社の内部基準で算定されているので、実際の弁護士や裁判所が使う基準に比べて、低く見積もられていることが多いのです。


でも、あなたが交渉しても示談金額はほとんど変えてくれません。
あなたの事故の痛みやつらさを、具体的に証明しないといけないからです。


弁護士ならば、あなたに代わり、あなたが受けた被害について適切な立証をして、正当な補償を受け取る事が可能です。
窓口も弁護士になりますので、面倒な保険会社の担当者との交渉も必要ありません。
精神的な負担も軽くなり、自分の生活に集中できるのです。


示談交渉という面倒なコトを、簡単に弁護士に任せて、自分の未来を手にしませんか。


一つ一つ個別の事例によりますが、後遺障害が残った事案であれば数百万から1000万円以上、補償額が増額できるケースがあります。
また、後遺障害事案でなくとも、ある程度通院されているケースであれば、数十万円以上増額が見込めるケースが少なくありません。


もし、保険会社から示談金額の提示がある場合は、弊所なら無料で増額見込みの有無について査定可能ですので、問い合わせをしてみてください。

弁護士費用特約に加入してる?お得に依頼できるかも


あなたの自動車保険、またはご家族の自動車保険に弁護士費用特約がついていませんか。
これは弁護士費用を保険会社が300万円まで支払ってくれる特約です。
ほとんどのケースでは、弁護士費用は300万円の範囲内に収まりますので、保険でまかなわれることになり、弁護士費用の心配がありません。


弊所では弁護士費用特約の利用が可能です。


そのため、同居のご家族の自動車保険でも、本人に適用できることがあるので、まずはチェックしてみてください。


もし、弁護士費用特約が使えないという場合でも、成功報酬制度のプランがあります。
着手金については無料で、増額できた部分から報酬を算定するプランです。そのため、費用面についてのリスクなく弁護士に依頼することが可能です。
逆にいえば、それだけ保険会社は低い金額を提示しており、相当の増額が見込めるケースが多いということでもあります。


費用について心配せずに依頼ができるというのは安心ですね。


※なお、着手金無料プランについては訴訟外での示談交渉に限ります。