佐野市から弊所(館林市)へのアクセスルートは以下のGoogleMAPをご参照ください。


 佐野市から六花アトリエ法律事務所へのアクセス

佐野市役所から車で20分


車でお越しの方

122号線沿いにある事務所なので佐野市方面から122号線道路を目指していただくことになります
県道7号を南下していただき館林市内を目指します。
館林市内に入り、パチンコ店(JP-7)の交差点を右折し、道なりに沿って進みます。
陸橋下をくぐった先にある交差点(ローソン有・館林駅前)を右折して、西に直進します。
122号線道路が南北に走る交差点(飲食店ココス)があるので、右折して進みます。
陸橋を上って降りた左手に、エネオスというガソリンスタンドが見えます。
ガソリンスタンドの南隣にあるガラス張のビルの2階に弊所が入っています。
駐車場がビルの裏手にございますので、正面から入って駐車してください。

電車でお越しの方

佐野駅から東武佐野線で館林駅で下車します。
館林駅の西口から、西側にまっすぐ進んでいただき、122号線と交差したら右折(北側)して陸橋を登って降りてください。
陸橋を降りて100メートルほど進んだ左手に見えるビルに弊所があります。
館林駅から徒歩15分です。
※途中で陸橋がありますので、タクシーのご利用をお勧めいたします。

佐野市在住の方の弁護士依頼について

佐野市には裁判所が配置されていないため、弁護士事務所はあまり多くはない傾向にあるようです。
一般的に弁護士事務所は、裁判所の周辺に位置していることが多く(アクセスがしやすいため)、佐野市もその影響を受けていると思われます。
佐野市の人口は10万人を優に超えており、大きい規模の市であることから、弁護士のリーガルサービスの需要は高いといえます。
裁判所はありませんが、佐野警察署があることから刑事事件で弁護士の力を必要とするケースが多いということもあります。
弊所でも佐野市の方から、たくさんのご相談をいただいております。地元だとかえって、弁護士に相談しづらいという事情もあるようです。
佐野市と館林市は両毛地区ということで仕事・高校選択などで昔から交流が活発であり、県をまたぐ心理的障壁はないように思います。


佐野市を管轄する裁判所は、足利簡易裁判所、宇都宮地方裁判所・家庭裁判所足利支部になります。
そのため、佐野市に在住の方が裁判所を利用する際には、隣の足利市を利用する機会が多くなると思われます。
隣接する岩舟町については、栃木市に編入合併されており、相手方の居住地によっては栃木市の裁判所を利用することにもなります。
また、事件によっては館林市の簡易裁判所も利用することがあります。

栃木県には栃木弁護士会があり、栃木県内の弁護士は同会に所属しています。
ただ、これは県ごとに弁護士が組織されているだけで、栃木県の事件を他県の弁護士が扱えないということではありません。
他県の弁護士だからといって、事件の有利不利はないのでご安心ください。


実際に弊所でも、足利の裁判所や栃木市の裁判所を利用することも非常に多く、頻繁に弁護士が裁判所にアクセスしています。

佐野市から弊所までは車で約20分とアクセスのしやすい距離にあります。
電車でお越しになる方も、佐野駅から館林駅まで東武佐野線で16分なので、館林まで短時間で来ることが可能です。
また、弊所では遅い時間まで対応しておりますので、ご依頼いただいた後も、弁護士との打ち合わせには利用しやすい環境かと思います。
また地元では知り合いの目につきやすくて不安だという方にとっても、適度に利用しやすい地域にあるかと思います。